モータースポーツ関連グッズ

2013年06月21日

FIA国際法廷の評決は1日延期 メルセデスはフェラーリの違法性を追及

みなさんこんにちは。
いつもご訪問ありがとうございます。

  メルセデスの『極秘』ピレリタイヤテスト問題に対するFIA国際法廷の評決は、現地時間(以下、現地時間)21日に延期となった。20日、『ロイター』通信が伝えている。

 5月にスペイン バルセロナで行なわれたピレリのタイヤテストで、メルセデスが2013年のマシンとドライバーを用いたことの違法性を審理するFIA国際法廷。フランス パリのコンコルド広場にあるFIA(国際自動車連盟)本部で開かれた聴聞会は7時間に及んだ末、20日中に結論は出なかった。エドウィン グラスゴー裁判長は、出席者に対し評決は21日までに発表されると語った。

 メルセデスは厳格なテスト規定を破ったことで、有罪となれば軽くて叱責、そしてもっとも重くて選手権除外の処分を科されることになるが、その可能性は低そうである。

 ベネトン、フェラーリ、ブラウンGP時代にもこの種の法廷闘争を経験してきたメルセデスのチーム代表、ロス ブラウン氏はFIA本部から出てくると、聴聞会は「とても公平だった」と振り返り、「我々がスポーツ上、競技上のアドバンテージを得ようとしていなかったという事情を説明する機会を得られて満足だった」と、自信を見せていた。

 報道陣はライブ映像で法廷の様子を傍聴することができた。

 聴聞会の中で、FIAのマーク ハワード弁護士はテストでメルセデスが不公平なアドバンテージを得たと4人の裁判官に訴えた。

 メルセデスは、FIAの技術部門トップにあたるレースディレクター、チャーリー ホワイティング氏と電話で2度会話し、2013年型マシンの使用について口頭での許可を与えられたと主張している。

 しかし、M.ハワード弁護士はC.ホワイティング氏にはテストを許可する権限はなく、その代わりFIAの世界モータースポーツ評議会とピエール ド コニンク事務局長に許可を求めるべきだったと反論した。

 シーズン中の現行マシンでのテストは違法だが、ピレリは複数回のテストを行なうことを許可されている。メルセデスとともに国際法廷に出廷したピレリは、自分たちは競技者ではないので、チームに適用されるレギュレーションの対象外であるとの主張を続けている。

 一方、メルセデス側のポール ハリス弁護士はFIAが二重基準を持っていると非難した。フェラーリも4月に同じくバルセロナで2011年型マシンを使用してピレリとテストを行なったが、FIAはフェラーリを告訴しないと裁定した。

 これに対し、P.ハリス弁護士は「対応の決定的な違いは明らかだ」と責め、フェラーリの元チーム代表、ジャン トッド氏がFIAの会長を務めていることも批判した。

 さらに「フェラーリは、テストの許可は得られたというピレリからの口頭の確認を信じることを許されていた。しかし、明らかに我々はこの点で責められている。日程、場所、ドライバー名に関して、フェラーリに対するFIAの対応は一般的なものだった。彼らは批判されていないが、明らかに我々はされているんだ。フェラーリは我々よりも実際のテストにより大きく関わっている。彼らはサーキットを予約し、使用料を払っている。(それでも)彼らは批判されていないんだ」と、フェラーリがFIAに優遇されていると訴えている。

 また、2013年中に行なったフェラーリのテストはピレリテストだけでなく、現役レースドライバーのフェリペ マッサも参加していたと追及し、「走行シートを見ればわかる。その日の中盤、彼らは自分たちのことをしていた。しかし、彼らは批判されない。彼らは1000kmも超えているんだ」とフェラーリの違法性を指摘した。

 そしてP.ハリス弁護士は、メルセデスのテストはピレリによって運営され、不正なく行なわれ、さらにメルセデスには自由はなく、どのタイヤが使われているかも知らされていなかったと繰り返し強調した。また、ピレリタイヤの安全性改善に協力したメルセデスは賞賛されるべきだと訴え、「我々は賞賛に値する目的のためにテストを行なった」と自分たちの正当性を主張した。

 しかし、ドライバーがカラーリングされていないヘルメットを使用したことには謝罪した。その理由について、ファンから無用な注目を避けるのが目的で、発覚を避けるためではなかったと説明しているが、疑惑を招いたことはミスだったと認めた。

 P.ハリス弁護士はメルセデスは無罪となるべきだが、そうでなければ叱責処分が適当であるとの考えを見せている。そして最後の手段として、7月にイギリス シルバーストンで予定されている3日間のヤングドライバーテストにメルセデスが参加しないことで、他チームに「公平な条件を与える」と提案している。

 聴聞会には、レッドブルからチーム代表のクリスチャン ホーナー氏とチーフエンジニアのポール モナガン氏が出席した。C.ホーナー代表は「どんなペナルティが科されるべきかコメントするのは我々ではない。しかし、通常は競技上の違反を犯したのであれば、それに伴う競技上のペナルティがある」と、メルセデスになんからの処分が下されるべきだと語っている。

 またフェラーリは弁護士2人、マクラーレンとウィリアムズも法的代理人を出席させている。


この記事の著作権は、【配信元】に帰属します。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130621-00000110-ism-moto

http://www.youtube.com/watch?v=Q5qGVQTvuvs



【Androidスマートフォン用無料ゲームソフトのご紹介】
さがしてタッチ』でたまには頭の体操をしませんか!
hi-256-0-ccbeec65ba0b377837d16f9f5e51f64f4dd8754d.png  ss-320-0-0.jpg   ss-320-1-0.jpg
他の数字と違う数字を探してタッチしていくゲームです。
制限時間内にどれだけ探せるか!自分自身との戦いをしましょう。
ダウンロードはこちらからどうぞ!
最後まで完全無料でお楽しみいただけます。






最後までお読み頂きありがとうございました。
またのご訪問お待ちしております(^.^)/~~~!!




posted by クルママニア at 16:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。